超絶効果バツグン!口内炎をできるだけ早く簡単に治す方法!!

健康

口内炎ってあんな小さいくせに、痛いわ治るまで時間かかるわでウザいこと極まりないですよね。
しかも、腫れた口内炎を噛んで更に悪化した日にはもはや鬱でしかない…(泣)

一度口内炎ができてしまったら、ひたすら治るまで痛みに耐えて諦めてませんか

ですが、口内炎は正しい対処をすれば悪化させることなく早期に治せます

この記事の方法を実践すれば、口内炎を初期状態から悪化させることなく完全に早期消滅させることができます!
冗談抜きでマジ感動モンですよ。

この方法を発見したときはあまりの感動に周囲に自慢しまくりました。
この記事を読むあなたが今後口内炎に悩まされないことを祈っています!!

 
※本記事の内容は複数人で効果を検証していますが、個人差が出る可能性があることはご理解ください。

どうやって治すの??

じゃあどうやって口内炎を治すのか?ですが、いきなり結論から言います。

ズバリ、ビタミンB2とB6多く含む市販薬を飲むことです。
 

ベジフト
ベジフト

そんなの今までも試したことあるけど効果なかったわ!!

という方は、薬の選び方や服用方法などが間違っていた可能性があります
この記事を読んで、効果のある方法をしっかり叩き込みましょう!!

口内炎を早く治すためにはビタミンB2やB6などのビタミンB群を取るとよいと言われています。
しかし、残念ながらビタミンB2やビタミンB6は、体内で一定以上の量を蓄積することができません。
そのため、ビタミンBを多く含んだ薬を服用することで口内炎を早く治そうというわけです。

【口内炎のコラム】ビタミンの中でも口内炎に効くビタミンがあるって知ってた? | チョコラドットコム
口内炎ができると違和感や痛みで食事がしづらいし、テンションが下がりますよね。口内炎ができやすい人には、特徴があります。…

どんな市販薬を選べばいいの?

ビタミンB2、B6を多く含む薬で有名なのはチョコラBBですね。

ですが、チョコラBB以外にも安価でビタミンB2、B6を多く含む薬はあります。

下の表は、私が実際に服用したことのある市販薬ですが、ビタミンB2、B6の含有量はチョコラBBと全く同じです。

いずれの薬を服用した場合でも口内炎は完治し、薬の違いによる効果の違いは感じられませんでした。
また、いずれもドラッグストア等で簡単に手に入ります。

メーカービタミンB2ビタミンB6Amazon価格(250錠)
1チョコラBBエーザイ38mg50mg¥2,887
2ビタミンBBプラス皇漢堂製薬38mg50mg¥1,165
3ナチュラルバランスBB米田薬品工業38mg50mg¥1,767
※価格は2022/3月時点

つまり、ビタミンB2、B6の成分がチョコラBBと同じか近いものを選んでおけば十分効果が期待できると言えます
この中だと、ビタミンBBプラスが安価でオススメですね。
購入する際は、ビタミンB2、B6の含有量をチェックしましょう。

服用方法のコツ

では、どのようにビタミンB薬を服用すべきなのか?を解説していきます。
この ”服用方法” が超重要です。

【超重要】できるだけ早い時期から飲み始めること

口内炎ができ始めたら、とにかく早いタイミングでビタミンB薬を飲み始めること

これが超超超重要です。


この初動の早さが重要度の8割を占めているといっても過言ではありません。

 

残念ながら、口内炎がパッと見でわかる程の大きさ(1mmくらいですかね)で、痛みを感じ始めてから飲み始めてもほとんど効果がありません。

 

針の先ほどの口内炎ができた時点(痛みを感じる前、違和感程度の時期)から飲み始めます。
0.数mm、よく見ると口内炎できてる!くらいのサイズ感です。
口内炎できたかな、、、と少しでも口の中に違和感を感じたらすぐ飲み始めましょう

 

口の中を噛むとすぐ口内炎になってしまう!という方は、噛んでしまったら飲む!ぐらいの気持ちでいいかもしれません。

 
 

超重要なので、もう一度書きます。

口内炎ができ始めたらとにかく早くビタミンB薬を飲む!!初動の早さが命!
 

1日2回服用、なるべく12時間空けること

すでに書いたように、ビタミンB2やB6は体内に留めることができないため、1日2回しっかり服用しましょう。

できるなら、服用の間隔を12時間近くあけることが望ましいです。

ただきっちり12時間である必要もないので、朝と夜の2回飲む、くらいの感覚で十分です。朝8時に飲んで11時に飲む、といったような、極端に間隔が短くなければOKです。

学校や職場に持って行って服用間隔を調節するってのもアリですね。

服用する期間

服用を続けると、徐々に口内炎が消滅していきます。
治ってきたな。と思えば服用を止めて問題ありません。
私の場合は大体2~3日ほどで治っています(個人差があるので期間はあくまで参考です)。

健康的な生活をしたうえで服用すること

直接的な服用方法ではないですが、今回の記事で紹介する内容はあくまで食事や睡眠等を十分取り、健康的な生活をしていることが前提となります。
別にアスリートのようなストイックな生活をしろと言っているわけではないので、普通の生活をしていれば全く問題ありません。

徹夜、断食、偏食等の生活を続けて「口内炎が治らない!!」とか言わないように。

ちょっとした注意点

ビタミンB薬を服用するとおしっこが超絶黄色くなります。
リアルにリ○ルゴールド…(やめろや)

ちょっとびっくりするくらい黄色いので、初めて見たときは焦ってしまうかもしれません。
 

ベジフト
ベジフト

ナニコレ!?体の異常!!?

これはビタミンB2自体が黄色く、その一部が体外に排出されているだけですので心配しなくて大丈夫です。

服用をやめると元に戻りますよ。

まとめ

口内炎ができ始めたらビタミンBをを多く含む市販薬を飲んで早く治しましょう。

何もしなければどんどん大きくなって痛くなる口内炎ですが、ビタミンB薬を早くから飲み始めることでおもしろいくらいに消え去ってくれますよ!

  • 口内炎ができ始めたらビタミンB2、B6を多く含む薬を服用する
    含有量が多ければ効果は期待でき、メーカーや価格はそれほど重要ではない
  • 口内炎ができ始めたらとにかく早くビタミンB薬を飲む!初動の早さが命!
    針の先ほどの小さい口内炎ができ始めた時点で飲み始めましょう!
  • 一日2回服用、できれば12時間近く間隔を空ける

コメント

タイトルとURLをコピーしました